おもに書類審査と呼ばれる段階についてお話ししたいと思います

 履歴書を書き分けましょう

 

 これが意外と盲点であるのですが、履歴書をいつも同じものを容易に使用する方がが結構多いのです。しかしながら、履歴書に関していうと、必ずしも同じである必要はまったくありません。むしろ、それぞれの職種などに応じて書き分けるというのが、もっとも適切な方法であることのほうが多いのです。この点に関しては十分な注意が必要かと思われます。いったいどのようなスキルが、その職種で必要とされているか。それを見極めたうえで履歴書を書いていくという戦略が必要とされるわけですね。

 

職務経歴書は年代順でなくても大丈夫です

 それとおなじようにいえるのが、最近では添付が必須となっている職務経歴書です。これもまた、なんの脈絡もなく、これまでしてきた仕事をただ単に羅列していっただけでは、なんの芸もありません。ここは求人されている職種に応じた形で、なにを強調すべきかを判断して、そのうえでアピールできるポイントを重点的に書いていくのがベストなやりかたといえます。たとえそれがこれまでの経歴とは違った年代順でないとしても、面接する相手にとってアピールするポイントをつかんだものであれば、かならず相手は目を惹かれるものです。そういった点を考慮して書いていくというのもひとつの大きなポイントといえるでしょう。