面接だけに気を取られない

 転職といえば面接を思い浮かべる方も多いのですが、筆記試験を設けている企業もまだまだあります。面接に辿り着くには筆記試験を突破する必要があるため、自分が希望する企業に筆記試験が存在するのか確かめましょう。

 

SPIの対策をしておく

 転職者が最も気を付けたいのは、SPI対策です。学生時代の試験とは違い、一見すると簡単な問題をどれだけ正確に、早く回答できるかを問う問題です。これは少し練習するだけでは難しく、周りと差を付けられてしまいがちです。ぜひ普段から練習をしておき、本番で最大限の力を発揮できるよう準備をしておきましょう。特に算数の問題は苦手とする方も多いので、注意が必要です。

 

筆記試験の形態

 筆記試験というとペーパーの問題用紙に鉛筆と想像するかもしれませんが、近年ではウェブ上で試験を行うケースも増えています。どちらも問題に違いはなくただ形式が異なるだけなので、あらかじめ確認した後はその形式に慣れておきましょう。

 

筆記試験は意外と手こずる

 面接に気を取られる気持ちはわかりますが、筆記試験は意外と手こずる方の多い試験でもあります。こればかりは本番に向けてどれだけ準備を進めてきたかがポイントになるので、筆記試験のある場合は早めに準備を開始しましょう。