転職を考えたのは将来の為のステップアップをしたいと思ったからです。
目指す職種は営業、そしてこれまでの経験が活かせる自動車関係と言う事で決めていました。

 

しかしカウセリングを受けた際、担当の方から決め込み過ぎるのは良くないから、色々と求人を見たり視野を広くした方が絶対良いと言われ、それならと思い、様々な分野も見るようにしました。

 

実際求人を見るにあたってもなかなかイメージが掴めず、担当の方には「やっぱり、ある程度進む道を決めて探したい」と申し出ても「一度面接に行ってから判断してほしい」と言われ、営業職ではあったものの右も左も分からない不動産業界への面接に行くこととなりました。

 

結果的に私はこの不動産の企業への就職を決めることになりました。
決め手は大きな仕事が出来ると言う事でした。
不動産については全くわからない事に関しても営業経験があるのなら乗り越えられるし、研修制度もしっかりしているとの事で、安心感を得る事も出来ました。

 

働き出して7ヶ月が経ちますが、採用が決まった時と同じ希望を抱きながら仕事をする事が出来ています。
今思うと、担当の方の言葉が身にしみて分かります。
実際見てみないと自分に合っている合っていないは分からないと言う事、そしてそこに天職があるかもしれないということ。
今は、そんなきっかけを与えて下さった事にただただ感謝です。